ある日、おひとり様アラフォー終活を意識しだした。

おひとり様で人生を終えるにはいろいろと終活が必要なのではなかろうか?

おひとり様だって?なら終活考えなきゃね。

たぶん、そうだろうって何となくは若い時から感じていたような。

いやいや、世間の多数派がどのような形にしろパートナーと一緒に過ごしているのだから、私が何となく生きていてもなんとなくパートナーが現れるのだと漠然と信じていたい気持ちもあった。

でもどうやら本格的に おひとり様 が確定した。(というかずっとおひとり様だけど)

 

何が多数派と違ったのだろう?とは思うが、ひとりであることが自分にはすこぶる楽であることは間違いない。

この先ひとりで生きていくのか…

と思う反面、とても誰かと一緒に生きていきたいとは今は思えていないのも事実。

せめて、自分の面倒は自分でみて、ミニマムながらも悪くない人生を過ごしていきたい。

自分自身のためにいまから生活を見つめなおして終活を少しずつ進めて行きたい。

つまり、ひとりで色々やってみよう!(ただし主に家の中で)と前向きおひとり様活動を始めることにした。

 

おひとり様とは言え、配偶者やパートナーがいないということで

家族が居ないわけではない。

現在は両親、兄と自分の4人で両親の家で暮らしている。

両親の老いやほぼ無職の兄。家族も将来的には問題が山積みなのは明らか!

でも元気に前向きにちょっとずつ生活向上を目指しつつ終活始めます。

 

自分のペースで色々と取り組んでいきたい。

家の最適化(汚部屋、片付け、断捨離、ものの処分方法、メルカリ、DIY

老後資金形成(株、投資信託国債社債、NISA、保険、貯金)

ダイエット(ずっと太っているが人生で今が一番デブ、筋力をつける)

勉強(簿記、ファイナンシャルプランナー、分数、資格試験)

美容(脱毛、レーザー、赤ら顔、ほくろ、薄毛、プチ整形)

趣味(手芸、羊毛フェルト、鍵編み、ひとりカラオケ、着物着付け、読書、なろうやラノベ

 

自分自身の備忘や思考の整理、もしかしたら誰かの役に立てば。